いつも心はGoodSide 


by azamashinya2005
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

被災地の現状

神奈川の友人、大和市消防隊員、ビーチバレーボール選手、角田宗義(つのだむねよし)氏からの話です。


ご無沙汰です。

ブログ見ました。
貴重な地震情報、ありがとう。今後の備えに有用だと思います。今後は富士山噴火?それとも東海地震?
に備えるべきなんでしょうか。的外れだったらごめんなさい。

以前の福岡西方地震では、一緒に地震を経験したね。今回神奈川も震度5以上の揺れでした。
福岡での揺れよりは弱かったです。怖かったけど、ある程度冷静に行動できました。

震度5以上は消防署に自主参集なので一番乗りで参集できました。
その後、17日から仙台市宮城野区に神奈川県隊救急隊としていきました。
打ち上げられた遺体はたくさんあるらしいですが、仙台市の救急件数はだいぶ落ち着いてきました。
が、仙台市内の病院はベッド数がパンクしています。
仙台市の職員は一週間以上たった今でも家族の無事を確認できず、いまだ家に帰らず連続勤務が続いています。
私は自ら希望して、今回緊急援助隊に参加しました。ですが、原発の状態が悪化していくにつれて、
情けないですが恐怖で足がすくんでいきました。最悪の場合は、家には戻れないことを覚悟しました。

被災地の方々は、原発の恐怖より今起こっている不安のほうが強く、復興に向け涙していました。
神奈川県隊は急遽、撤退命令が出たので予定より早く、昨日帰ってきました。
これからは福島の原発の避難圏内の搬送に向かうよう指示が出ています。

今回、自衛隊・警視庁・ハイパーレスキューにより放射線の量が下がったことは、非常に心強いと思います。
しばらく、緊急援助隊には選ばれないけど、ハイパーレスキューを見習って、被災地の救出に準備しようと思います。

全国の消防から緊急援助隊は来ていました。
皆の力で、この状況を打開できるよう願っています。
お互いファイアーマンとして、今できることをがんばっていきましょう!

以上。


実際、被災地での現状を目の当たりにして、言葉では言い表せないくらい色んな想いをした彼。
本人はもちろん、家族も同じように不安な想いをしたに違いない。

今、日本中、世界中の皆さんが同じような気持ちだと思います。

ツノ!
連絡してくれて、話してくれて有難う。

又、笑顔で会える日を楽しみにしてるよ!
[PR]
by azamashinya2005 | 2011-03-20 10:19